2013年01月22日

バルコニーのまたぎ

バルコニーへの開口部はできればフラットの方がよい。しかし、雨水が浸入しないようにするため、瑕疵担保保険では、下図のように、(1)バルコニーの床の勾配は1/50以上、(2)サッシへの防水立ち上げは120mm以上、(3)腰壁への防水立ち上げは250mm以上となっている。


このため、2階のバルコニーのまたぎは200~250mmになってしまうようだ(青矢印)。

これをなるべきフラットにするため、SE構法では、下図のように、120mm下げてバルコニーをつけることができる。



3階のバルコニーは120mm低くつけられている。このため、3階のバルコニーのまたぎは100~150mmに抑えられるそうだ。

このことに気づいて、現場監督のTさんに話したのだが、すでに構造計算して建築確認を済ませてしまったので、変更はできないそうだ。もっと早く気づくべきだった。もっとも、2階のバルコニーは、半分、1階の寝室の上に載っているので、そもそもできないのかもしれない。

このまたぎが高いと、開口部の上と天井の間を短くし、エアコン室内機の設置を難しくする。高さが約300mmある室内機は設置できないかもしれない。まあ、高さ250mmの室外機なら設置できるかもしれないけど…。


【2013年1月24日】


posted by 王子のきつね at 23:00| Comment(0) | 考察など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。