2013年01月29日

建て方1

建て方とは、木造軸組工法(在来工法)において、柱を立て、梁を架け、筋かいと火打を取り付け、小屋組を設けること。SE構法の場合、若干ちがうけれど、似ている。

1/29(火)早朝、見に行ったら、柱が立てられ、梁が架けられ、2階と3階の床組ができていた。

北側から見た。


1階の床組はしていない。これは、このあと配管工事などを行うため。



2階の床組はできていた。SE工法の場合、合板受け梁の上に構造用合板を張る。木造軸組工法だと、床組は、建て方・屋根葺き・壁防水・開口部を設けた後、行うが、SE構法だと、先にやってしまう。この方が、作業がしやすいので、木造軸組工法よりも若干はやく仕事が進むらしい。



3階の床組。



南側から見た。


1階の床組はしていない。



2階の床組(見えてないw)。



3階の床組。



SE構法では、筋かいの代わりに構造用合板を張り、火打を設けるが、どちらもされていなかった。小屋組の方も、小屋束が1つだけ付けられていただけ、母屋も、垂木も載っていなかった。

本日、小屋組をつくり、上棟式となる。


posted by 王子のきつね at 09:39| Comment(0) | 構造・屋根 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。