2013年03月10日

Xポイントビス

わが家は外断熱(外張り断熱)・二重通気工法の家なんだけど、構造材や間柱の外側に5cmの断熱材を貼り、その外側にたて胴縁を取り付けて外部通気層をつくる。そして、その外側にラスボードラス網を張り、モルタルを塗って漆喰を塗る。だから、ふつうのビスでは、外壁仕上げ材の重さに耐えられず、外壁が下方にずり落ちてしまう。

そこで、開発されたのが、外張り断熱専用のビスである。現在、サイディング協会などで性能が確認されているのは、若井産業のXポイントビスと東日本パワーファスニングのパネリードの2製品だけだ。

わが家では、このうち、Xポイントビスを使っている。どちらも、ふつうのビスの10~20倍の値段だそうだ。


Xポイントビスの箱


長さが120mmもある


打ち込まれると、こんな感じになる


ちなみに、内装では、同じく若井産業の4カット内装ビスを使っている。


4カット内装ビスの箱


長さは90mm


打ち込まれると、こんな感じになる



posted by 王子のきつね at 14:00| Comment(0) | 外装 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。