2013年07月07日

リファイニング建築

昨日(7/6)、BS朝日「辰巳琢郎の家物語 リモデル★きらり」を見てたら、建築家・青木茂さんの自宅を紹介していた。

4階建てのビルを丸ごと再生 資産価値を高めた建築家の家

青木さんは、放送大学の「新しい住宅の世界」の「リノベーション」の講義で、リノベーションの専門家として紹介されていた。青木さん自身は「リファイニング=再生」というコンセプトを掲げている。

報道大学の講義で紹介された高根ハイツ。

高根ハイツ

青木さんの自宅であるYS BLD.。

YS BLD.

木造とちがって、鉄筋コンクリート(RC)造の建物は、鉄筋やコンクリートを生産する際、大量のCO2を発生させる。オイラは、地球温暖化二酸化炭素犯人説には疑問だが、CO2の発生=資源の大量消費であることに代わりはない。だから、古いビルディングを解体して、新しく建て直すことは、持続可能(サスティナブル)な社会の形成に反している。ゆえに、青木さんのように、古いビルディングの再生はとても重要なことだと思っている。



リンク先を変更。

【2013年12月3日】


posted by 王子のきつね at 11:00| Comment(0) | 他の建物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。