2014年01月23日

ムーブアイがスゴイ件

三菱電機のエアコン・霧ヶ峰(MSZ-HW402S)に付いているムーブアイ、今まで使ってこなかったんだけど、使ってみたらスゴかった。w



なにがスゴイかというと、オイラに向けて暖気を送ってくる点。いままで「体感センサー」と「風あて/風よけ」をOFFにしていた。それで、3階全体を温めていたんだけど、電気代が…。orz

そこで、これらを全部ONにしてみた。体感センサーをONにすると、ムーブアイが働いて部屋の温度と人のいる場所を感知する。そして、「風あて」を選ぶと、オイラが遠くにいても、そこまで暖気を送ってくれるようになった。これでサーキュレーターが事実上いらなくなった。ちなみに、「風よけ」を選ぶと、人に風をあてなくなるので、寝るときはこっちの方がよい。でも、これって、「暖房」じゃなくて「採暖」だよね。邪道だけど、節電は確かにできる。

ただ1つ不満があって、妹がいると、妹にばかり風をあてる(妹の部屋にエアコンはある)ので、オイラが寒いよ。orz


ちなみに、もう1台のエアコン・東芝の大清快(RAS-401ND)は、「暖房」をやめ、「自動」にした。



「暖房」のときは、設定温度を20℃にしても、なぜか室温が22~23℃まで上がって、それが電気代に反映されていた。orz 「自動」にすると、20℃に設定すると、室温をずっと20(±0.5)℃に保つようになった。

よく節電サイトに「エアコンの風量は自動の方が節電によい」って書いてあるけど、運転自体をエアコンに任せた方が節電できるみたい。


posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 家具・家電 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。