2014年05月03日

サステナブル住宅賞



2012年4月7日(土)に構造見学会で見に行った目黒区の住宅が「第5回サステナブル住宅賞」一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長賞(新築部門)を受賞していたことを知った。

東京都目黒区五本木の家

この記事を書いた段階では、付加断熱(外張り断熱+充填断熱)を正しく理解できていなかったのがわかるなあ。ああ、恥ずかしい。w

サステナブル住宅賞は、建築の長寿命化、省CO2、省エネルギー、省資源、資源循環など、環境負荷低減に配慮したサステナブル(持続可能)な住宅の普及を図るために、建築環境・省エネルギー機構が実施しているコンペのことだ。

建築面では、Low-E複層ガラスの天窓への導入、敷地の卓越風向を考慮した道路側の窓の開き方、インナーテラスの配置など、都市型住宅でありながら、風・光の取り込みを考慮した設計が評価されたようだ。また、設備面では、高効率エアコン、潜熱回収ボイラー、断熱浴槽など高効率機器が採用され、省エネルギー性能が評価されたらしい。

オープンルーフのある家

参創ハウテックは、受賞を受けて「施工事例/新築」にこの住宅を入れたな。w

オープンルーフのある家(東京都目黒区T様邸)

参創ハウテック名物、この住宅の現場ライブ。

T様邸新築工事の現場ライブ


しかし、外断熱だけではQ値が2.81W/㎡・Kって高すぎるような気がする(Q値は低い方が断熱性能がよい)し、付加断熱してもQ値2.38W/㎡・Kとやはり高すぎる。この家の形状が複雑なことを考慮しても、なんかオカシイな。

あと、Q値2.38W/㎡・Kで賞がもらえるなら、どの住宅もQ値が1.0~0.6W/㎡・Kくらいのものを建てている工務店がけっこうあるんだけど、彼らがもらえない理由がわからない。社団法人日本木造住宅産業協会会長賞を獲った「堺パッシブハウス」の方が温熱環境が優れていると思う。

堺パッシブハウス

そうなると、可動扉付きの天窓という奇抜なデザインが受賞理由なのかな。w


posted by 王子のきつね at 14:30| Comment(0) | 他の建物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。