2014年09月02日

スーパー台風でも壊れない

8/31に放送したNHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃」の「第2集 スーパー台風 “海の異変”の最悪シナリオ」によると、今後、日本は最低気圧970hPa、最大風速90m/sのスーパー台風に襲われるらしい。

第2集 スーパー台風 “海の異変”の最悪シナリオ|巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃

風速90mの風とは、風速40mまでしか耐えられない鉄塔を倒してしまう風だ。


果たしてわが家は耐えられるのか? 調べてみた。

わが家の耐風等級は2で、その目安は以下のとおり。

500年に一度発生する暴風(伊勢湾台風の名古屋気象台記録)の1.2倍の力に対して倒壊、崩壊せず、50年に一度発生する暴風(1991年19号台風の長崎気象台記録)の1.2倍の力に対して損傷しない程度です。

耐風等級

最大風速は、伊勢湾台風が75m/s、1991年19号台風が50m/sである。75mの1.2倍は90m/sであり、50mの1.2倍は60m/sである。つまり、60m/sの風でも損傷せず、90m/sの風でも倒壊・崩壊しないということだ。

おおっ、スーパー台風に耐えられるじゃん。やったね。(爆)


posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 家の維持・管理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。