2011年12月08日

ハウスメーカーのモデルハウス

じつは、オイラ、ハウスメーカーのモデルハウスに行ったことがありません。w

去年(2011年)の12月に入って、家の建て替えをマジメに考えはじめたころ、とっても忙しかったので、妹と母に任せきりにしてしまいました。だから、実際にハウスメーカーのモデルハウスに行ったのは、この2人です。

まず、12月6日(火)に妹と母が西新井住宅公園に行きました。これは西新井駅の東口すぐ、環七(環状七号線)の北側に第一会場、南側に第二会場があります。で、第一会場の

1.桧家住宅(ホームページ)
2.三井ホーム(ホームページ)
3.ミサワホーム(ホームページ)

のモデルハウスで資料をもらってきました。

妹は12月8日(木)に第二会場に行き、

4.積水ハウス(ホームページ)
5.住友不動産(ホームページ)

のモデルハウスで資料をもらってきました。

その後も、近所の王子住宅公園に行き、

6.ヘーベルハウス(ホームページ)

のモデルハウスで資料をもらってきました。なかなかの行動力です。

2人によると、いずれのモデルハウスも豪華すぎるとのことでした。豪華すぎるはずで、西新井住宅公園の積水ハウスのモデルハウスは延べ床面積が332.67㎡(約100坪)もあり、坪単価130~140万円でできているとのことです。

延べ床面積100坪の家は、二世帯住宅としても巨大で、半分の50坪でも東京では大きな方です。坪単価もフツーの積水ハウスでは70~80万円です。けど、これは高い方ですよ。

ちなみに、積水ハウスの例をあげているのは、べつに貶めようとしているのではなく、ここが日本最大のハウスメーカーだからです。

じつは、ハウスメーカーのモデルハウスが必要以上に豪華につくられているのは、家を建てようとする人に夢を見させるためなのです。豪華な家を見せ、営業がスバラシイ話を聞かせ、なるべく早く契約にこぎつけさせるのです。

ところで、ハウスメーカーで家を建てようと思っている人は、その前にこちらのサイトを見てください。

京都発!注文住宅の家づくりを応援する情報サイトby株式会社ポラリス

それから判断しても遅くはないですよ。

用語集

延べ床面積 建物の各階床面積の合計。建築基準法では、建物の敷地に対する延べ床面積を容積率で定めている。

建築面積 建物を真上から見た時の外壁又は柱の中心線で囲まれた内側の水平投影面積のこと。原則出窓は含まれないが外壁より1m以上突き出る庇やバルコニーは、先端より1m外壁側に後退した部分を除き面積に含まれる。また壁がなくても屋根がかかる部分も面積に含まれる。ただし、地階で地盤面1m以下にある部分は面積に含まれない。

容積率 敷地面積に対する延べ床面積(各階床面積の合計)の割合(延べ床面積/敷地面積×100=容積率(%))。建築基準法により用途地域別に容積率の限度が定められている。

建ぺい率 敷地面積に対する建築面積の割合(建築面積/敷地面積×100=建ぺい率(%))のこと。建築基準法により用途地域別に建ぺい率の限度が定められている。

坪単価 建物の建築工事金額を、建物の延べ坪数で割った工事金額のこと。算出する基準が延べ床面積と施工床面積とで異なる。



【2012年8月6日】


posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

素材としての木

妹と母がもらってきたハウスメーカーの資料で、オイラが最初に注目したのは、ミサワホームでした。

住宅のミサワホーム|住宅メーカー|ハウスメーカー

ミサワといえば、木質パネル工法ですが、それ以上にオイラが関心をもったのは、木が、思っていたより以上に優れた素材であるということでした。

ミサワのサイトでは、つぎの4点をあげています。

1.軽く強さのバランスに優れている
2.熱を伝えにくい
3.火に強い
4.人にやさしい

住宅の性能と技術の比較|木の特性|ミサワホーム

「人にやさしい」はホントなのか?って思ってしまいますが、他の3点は正しいと思えます。

  1.木は、コンクリートや鉄よりも軽いというのは誰でも分かりますが、そのため地盤や基礎工事にあまり資源や労力をかけずにすむ(その分、安くなる)。また、圧縮、引っ張り、曲げなどの力にバランスよく抵抗します。

  2.熱を伝えにくいというのは、ヒートブリッジ(熱橋)のことです。鉄骨造だと、断熱材を入れても、冬は外気の冷たさを、夏は外気の暑さを、鉄骨が伝えてしまい、結露などの原因になるというのです。木は熱を伝えにくいので安全というわけです。

  3.木が火に強いっていうのは、意外ですが、燃えるのは表面で、その表面が炭化することで、じつは燃えにくいのです。一方、鉄は、燃えませんが、600℃で強度が低下しはじめ、720℃で変形してしまいます。

そんなわけで、木造の家にしようと思いはじめたわけです。


【2012年8月8日】
posted by 王子のきつね at 01:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

ミサワホーム

前にも書きましたが、オイラが最初に注目したのは、ミサワホームでした。

住宅のミサワホーム|住宅メーカー|ハウスメーカー

やっぱり、南極の昭和基地をつくった実績というのがポイントでした。w

性能と技術◆木質系住宅 鉄骨系住宅|ミサワホーム

さて、ミサワといえば、木質パネル工法です。

これは、2枚の合板で芯材と断熱材を挟んだ5種類のパネル(壁パネル、小屋パネル、1階床パネル、2階床パネル、屋根パネル)で家を構成する、壁式工法(ツーバイフォーなどの仲間)です。ジャンボジェットや新幹線と同じ強固なモノコック構造となるので、地震の揺れや台風の風に対してひじょうに強いです。

住宅の性能と技術の比較|木質パネル|ミサワホーム

基礎は、布基礎の一種である、連続布基礎を採用しています。ちなみに、基礎は、布基礎とベタ基礎に分けられます。布基礎とは、建物の内外部の壁面に沿って連続して設けられる逆「T」字型断面の基礎のことです。一方、ベタ基礎は、建物の基礎の床面全体を、鉄筋コンクリ-トの床板で基礎とするもので、地耐力の低い地盤などで用いられます。

住宅の性能と技術の比較|連続布基礎|ミサワホーム

断熱は、木製パネルの中に断熱材が入っているので、充填断熱となります。また、布基礎を採用しているので、床下断熱を採用しています。

住宅の性能と技術の比較|高断熱な理由|ミサワホーム

あと、大収納空間の「蔵」も売りの1つです。

大収納 KURA|ミサワホーム:蔵のある家

なかなかスバラシイですね。こんなわけで、昨年(2011年)12月初めはミサワで家を建てたいなんて思ってました。


【2012年8月8日】
posted by 王子のきつね at 02:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

ミサワで家を建てた人のブログ

家を建てるなんて、一生に一度か二度のイベントなんで、どうしたらいいのか分からないことだらけです。そこで頼りになるのが、実際に家を建てた人のブログ。どういうことになるのかを知るにはもってこいです。

オイラがミサワで家を建てることを考えていたときに参考にしたのは、こちらの方のブログです。

ミサワで建て替え、どうでしょう? - Yahoo!ブログ

メーカー選定→(契約)→打ち合わせ→(着工)→基礎工事→組み立て工事→(上棟)→上棟後の工事→(引き渡し)とほぼすべての過程が記載されています。さらに、こちらの方の場合、地盤工事、擁壁工事、外構工事など、住宅とは別に必要な工事についても書かれていて、ひじょうに参考になりました。

あと、ブログリンクにミサワで家を建てた他の人のブログがいくつか載っているので、もっと知りたい人はそちらも参考になると思います。

じつは、今はミサワで家を建てる気持ちは1%もないんですが、情報をえるためにこのようなブログはとても役にたつと思います。


【2012年8月9日】
posted by 王子のきつね at 03:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

住友不動産

ミサワで家を建てる気になっていたオイラに冷水を浴びせかけたのが、この表です。

ハウスメーカー価格(坪単価)ランキング一覧

ミサワの家は、坪単価65~75万円、約70万円です。ここにあるのは、いわゆる本体工事費で、住宅そのものと住宅設備(キッチンやフロ)にかかるお金です。これ以外に、取り壊し費用とか、外構工事費とかが別にかかります。それを加えると、坪90万円くらいになります。それ以外に、2度の引っ越し費用とか、家ができるまでの家賃なんかもかかるので、もうたいへん。

あれっ、住友不動産は坪単価50~60万円で、安いぞ。

…というわけで、住友不動産で家を建てよう!ってことになりました。w

注文住宅・新築一戸建てなら住友不動産|ハウスメーカー

住友不動産の家は、ツーバイフォー工法で、ミサワと同じく、壁が家を支える壁式工法です。基礎は、布基礎よりも強い、ベタ基礎を採用しています。断熱方法は、充填断熱で、床と天井で断熱しています。

性能・構造

ここでオイシイ話。住友不動産は、マンション建設も行っているので、そちらで使っている比較的グレードの高い住宅設備が標準装備で使われており、なおかつ価格もリーズナブルとのこと。

ちなみに、オイラの住む街には、住友不動産が建てた住宅が多いようです。どうやら、土地の入手などを行っているようなのです。

オイラの気持ちは住友不動産に傾きました。


【2012年8月10日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

住友不動産で家を建てた人のブログ

住友不動産は、1982年に住友不動産ホームとして設立され、輸入住宅ブームで売り上げを増やしたのですが、ブームが去って経営が悪化、2002年に住友不動産と事業統合しました。そんなこともあり、ネットの掲示板ではボロクソに書かれていたりして、めちゃくちゃ不安になりました。

そんなときに頼りになるのが住友不動産で家を建てた人のブログ。ちなみに、オイラは

けもやのおうち - 旧館- 住友不動産 J・URBAN 建築日記・入居日記

を利用させてもらいました。

ちなみに、ブログ主の“けもや”さんは女性で、建築過程よりも入居後の住宅設備が詳しく書いてあります。実際に暮らすのなら、むしろ、そっちの方が重要なので、たいへん参考になりました。

けもやさんのおうちは、住友不動産のJ-URBANシリーズで、中央にパティオがあるモダンな住宅です。

J・アーバン-都市型住宅シリーズ-商品紹介-

オイラの家の敷地は南北に細長いので、こんなパティオはつくれないなあ、と思いつつも読みました。


【2012年8月10日】
posted by 王子のきつね at 01:00| Comment(2) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

ちょっと浮気の三井ホーム

ミサワホーム→住友不動産とハウスメーカーを決めかねていたとき、ちょっと浮気したのが三井ホームでした。三井ホームは、坪単価ランキングでも注文だと70~80万円とスウェーデンハウスに次ぐ高さです。だ・か・ら、浮気なのです。orz

注文住宅の三井ホーム | ハウスメーカー ・ 住宅メーカー

三井ホームは、住友不動産と同じツーバイフォー工法で(というより、住友不動産が三井ホームをまねたw)、基礎はベタ基礎となっています。とくに、寒冷地では、基礎のコンクリート自体を断熱材で覆う基礎断熱がほどこされています。

耐震性 地震に強い基礎 | 構造の強さ

壁・床・屋根が充填断熱されています。天井じゃなくて、屋根で断熱しているので、小屋裏が利用できるのです。これを可能にしているのが、ダブルシールドパネルで、断熱材の発泡成形ポリスチレンを構造用面材でサンドイッチした板です。

ダブルシールドパネル パネル性能 | 快適・健康

これには心引かれました。w

ちなみに、西新井の三井ホームのモデルハウスでは、三井ホームの技術にかんするDVDをくれました。これはなかなかオモシロイですよ。三井ホームの家に関心のある人は必見のソフトです。


【2012年8月10日】
posted by 王子のきつね at 02:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

パッシブデザイン

パッシブとは、アクティブ(能動的)の対義語で、受動的という意味。

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な家造りをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。「自然エネルギー」それは、太陽の光、熱、そして風のこと。それらの力を上手に活用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。

前に書いたOMソーラーの家なんかも、パッシブデザインの家ということになります。

この言葉を初めて知ったのは、小玉祐一郎(著)『住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめ』(丸善、2008年)をたまたま読んだときです。

そして、この方向性で家を建てようと思いはじめました。


【2012年8月11日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

OMソーラーの家

オイラが住友不動産で家を建てようと思っていたとき、このサイトを見つけてしまった。

OMソーラー株式会社 - 電気ちょこっと、これからの家。

なんだコレ!って思いながら読んでいくと、なかなかオモシロイ家である。

一言でいうと、太陽熱と空気を使って家を温めたり、お湯をつくったり、地熱(地中熱)を利用する家なのだ。

1.冬

屋根で集熱し、ファンを使って熱い空気を床下に送り、床下のコンクリートに蓄熱する。夜になったら、コンクリートが放熱し、家を暖める。

OM-W120811a.jpg

2.夏の昼

屋根で集熱し、お湯を温めて給湯する。約15℃の地熱で冷やされた空気を循環させて家を涼しくする。

OM-S120811b.jpg

3.夏の夜

放射冷却で冷えた屋根で外気を冷やし、その空気を循環させて家を涼しくする。

OM-S120811c.jpg

このシステムを導入するには、家を高断熱・高気密化しなければならず、床下に蓄熱したり、地熱を利用するために、基礎断熱(ベタ基礎のまわりを断熱材で包むこと)もしなければならない。また、空気の流れをコントロールするためのダンパーとダクトが必要である。当然、そのためには費用が余計にかかる。

しかし、省エネルギーで環境にやさしいw家というのは、やはり魅力的である。


【2012年8月11日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

OMソーラーの家とシロアリ

OMソーラーの家に関心をもっていたオイラがショックを受けたのはこのサイトを見たとき。

ソーラーハウスとシロアリ

概略を知るには、『建築ジャーナル』中部版、2000年1月号に載った記事を読んでください。

建て主の期待を裏切るOMソーラー協会(前編)
建て主の期待を裏切るOMソーラー協会(後編)

要は、4000万円で建てたOMソーラーの家が1か月で雨漏りし、半年後にシロアリが発生した。工務店はいいかげんな対応しかしてくれず、OMソーラー協会も工務店を弁護する始末。仕方がないので、訴訟となった。という内容です。

ここで問題なのは、

  1.施工した工務店が、OMソーラー協会会員工務店ではなく、会員工務店から「丸投げ」されたものであり、OMソーラー協会がそのことをチェックしていなかった。

  2.そもそも基礎断熱がシロアリの餌食になりやすい。

の2点です。

1.については、上記の記事に詳しく書いてありますが、2.については、

それでも基礎断熱をしますか?(岡崎シロアリ技研)

を読んでください。

OMソーラーの家、ヤバイじゃないですか? オイラの心はOMソーラーの家から離れていきました。


【2012年8月16日】
posted by 王子のきつね at 23:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

外断熱の地熱住宅

OMソーラーの家とほぼ同時期、オイラが注目したのは、外断熱の地熱住宅を提唱するエコホームズでした。

外断熱の地熱住宅を建てるエコホームズ株式会社

断熱には、内断熱(充填断熱)と外断熱(外張り断熱)があり、1990年代初めに論争がありました。この論争については後ほど触れますが、ここでは両者のちがいについて簡単に説明します。

内断熱は、構造材(柱や梁)の間に断熱材を充填するもので、断熱材にはグラスウールなどが使用されます。これに対して、外断熱は、構造材の外側に断熱材を張るもので、ポリスチレンフォームなどが使用されます。



どっちが優れているかについては、一概にいえず、コストパフォーマンスは内断熱、結露などの心配がない点では外断熱に軍配が上がります。あと、外断熱だと、小屋裏が利用でき、さらに基礎断熱を施すと、床下が利用できるようになります。

chinetsu120816c.gif

さて、外断熱の地熱住宅ですが、ここでいう地熱は、マグマの熱を利用する地熱発電の地熱ではなく、太陽熱によって暖められ、年間を通じて13~18℃に保たれている地中熱を意味します。

tokyo1944-48.jpg

地下5mの地中温度は、5月がいちばん低く、11月がいちばん高い。つまり、夏と冬が逆転しています。ここから地熱を利用すれば、夏涼しく、冬暖かい暮らしができるというのです。この地熱利用をしていたのが、北海道の先住民アイヌであり、アイヌの住居“チセ”が外断熱の地熱住宅のモデルとなっています。そして、基礎を含む外断熱によって、この地熱を利用しようというのです。

では、具体的にはどうするのでしょうか。冬は、太陽高度が低いので、家の奥まで太陽光が入り部屋の空気を暖めます。暖められた空気は上昇し、2階の天井付近にとどまります。それをダクトを使って、床下に送り込みます。床下には、夏から持ち越された地熱があり、暖かい空気はそれとともに1階の床に設置されたガラリから上昇し、部屋を暖めます。

chinetsu120816a.gif

夏は、太陽高度が高いので、太陽光は家の奥には入りません。床下には、冬から持ち越された地熱(低温)があり、それをダクトで吸い上げ、天井から落として、部屋を冷やします。

chinetsu120816b.gif

もちろん、それだけでは、さすがに、冬寒く、夏暑いので、1階と2階のエアコンを使って、部屋を暖めたり(1階エアコン)、冷やしたり(2階エアコン)します。

ダクトの使い方はOMソーラーに似ていますが、太陽熱とともに地熱を利用するところが、外断熱の地熱住宅の特徴だと言えます。


【2012年8月17日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

結露

家を腐らせる原因の一つに結露がある。

空気は、高温になるほど多くの水蒸気を含むことができ、低温になると含む量が減る特徴がある。高い温度で空気に含まれていた水蒸気は、空気の温度が下がると飽和状態となり、さらに下がると水滴となって現れる。これが結露である。

気温が低いとき暖房で室温が高いと、窓ガラスやサッシに結露する。これは水蒸気を含んだ暖かな空気が、低い温度の物体に触れて、水滴となったもので、表面結露という。

表面結露よりコワイのが、壁の内部で結露する内部結露である。室内の水蒸気が、壁の中に入り込み、外気に近い低温部分で結露する。これによって木材が腐り、断熱材の断熱性能が低下する。

結露は、冬期に多く発生するが、夏期にも発生する。これを逆転結露という。高温多湿のとき室内を冷房すると、水蒸気を多く含む外気が壁の中に入り込み、室内に近い低温部分で結露する。

結露を防ぐには、高気密化が重要であるといわれる。壁の中に水蒸気が入らなければ、結露しない。また、通気層を設けることで、はいり込んだ水蒸気をすばやく排除することも有効である。

逆に、中途半端な断熱化は、結露を助長するといわれている。断熱材の内側と外側では温度差ができる(温度差ができなければ、断熱材の意味がない)。この断熱材が水蒸気を通してしまうと、その温度差から結露が生じるのだ。

内断熱(重点断熱)では、壁の室内側に防湿シートを張り、断熱材を挟んで、室外側に通気層を設ける。こうすることで、室内側からの水蒸気の流入を防ぎ、はいり込んだ分も通気層で蒸発させてしまう。

外断熱(外張り断熱)の場合、使われる断熱材がプラスチック系で水蒸気をほとんど通さないので、結露することはないようだ。

kuki-senzu120827a.gif


【2012年8月27日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

見学会

見学会には、構造見学会と完成見学会がある。どちらも、やる気のある工務店や建築設計事務所が、施主(住まい手)の許可を得て、これから家を建てようとしている人に、建築途中あるいは完成直前の建物を見学させるイベントだ。

構造見学会は、家の構造を見せるので、建てている途中、だいたい外装工事が終わったくらいで行うことが多い(と思うw)。家の構造、つまり柱や梁がどうなっているかを見ることができる(はずw)。

一方、完成見学会は、内装工事や設備工事が終わり、施主に引き渡す直前くらいに行われるので、家の間取りとか、設備(フロ、トイレ、洗面など)を見ることができる。

どちらも、設計者や工事責任者がいて、その家についていろいろ教えてくれるのだ。最大のシークレットwである建築費がいくらかなんてことも教えてくれるんだよ。wwwww

で、その情報、いつどこで見学会があるか、なんだけど、それは工務店や建築設計事務所のサイトに出ている。ちなみに、オイラの場合、見学会はそれぞれの工務店のサイトで見つけたものである。

ただし、見学会に行くのに、まったく何も知らないと、重要なことに気づかないままになってしまうことがあるので、注意しましょう。ある程度の知識がないとダメなんだよね。


【2012年8月5日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

東京都荒川区南千住の家

去年(2011年)の12月末、「外断熱の地熱住宅」をつくりたいと思うようになったので、エコハウス研究会

エコハウス研究会[外断熱の地熱住宅を通して住宅の省エネ化・長寿命化を考える工務店の会です]

のメンバーである渡辺ハウジング

狭小住宅・木造3階建て住宅の渡辺ハウジング:東京都・板橋区・練馬区で狭小地にスモールハウスを建てる工務店

の完成見学会に参加しました。

まず、エコハウス研究会ですが、

外断熱の地熱住宅

で紹介したエコホームズを中心とした「外断熱の地熱住宅」を手がける工務店の集まりで、「天然エネルギーを活かす本物のエコハウス」を追求する会です。

そして、渡辺ハウジングは、耐震性能に優れた2×4(ツーバイフォー)工法と室内温度を一定に保ち過ごし安い空間を作る外断熱工法との組合わせによる狭小住宅作りを得意とする工務店です。ただ「外断熱の地熱住宅」の建設戸数はあまり多くないようです。

渡辺ハウジングは、自社の「完成施工例」をくわしく紹介しており、

狭小住宅施工例一覧

このうち、「檜(ひのき)四寸柱の家」が「外断熱の地熱住宅」のようです。

しかし、オイラと妹とで行った完成見学会は、メインの「狭小住宅」の方でした。この家についても、「完成施工例」の載っているので、それを見てください。

2x4(ツーバイフォー)工法三階建て 太陽光発電の家:荒川区H様邸

完成見学会は、2012年1月21日(土)に開かれ、当日の天気は雨でした。

この家は荒川区にあり、もともとは東隣の家と続きの一軒でした。この場合、家の西側だけを取り壊し、残った家の壁を直し、さらに新築の家を建てることになり、隣家との間はひじょうに狭くなります。そのため、いくつかのハウスメーカーや工務店に依頼したのだそうですが、すべてが断ってきました。そこで、狭小住宅が得意な渡辺ハウジングに依頼があったそうです。しかも、軟弱地盤だったので土地改良も行い、施主のこだわりで太陽光発電の設備がついています。

じつは、この費用を教えてもらったのですが、いま思うと、とてもリーズナブルな価格でした。マジ良心的! てか、チョー良心的!!って感じです。

ぜんぜん関係ないんですけど、この家の裏側に数軒、家があったのですが、4m道路に2m幅で接しておらず、家の建て替えが不可能だったのです。「こういう場合、どうするんですか?」って聞いたら、「新築の許可は出ないのでリフォームしかないんじゃないでしょうか」とのことでした。

これまた関係ないんですけど、スイッチを入れると畳が上がる床下収納庫や、ハンドルを回して開け閉めするオーニング窓を初めて見て、興奮してしまいました。

しかし、渡辺ハウジングでは、地熱住宅よりも狭小住宅の方に重点があることがわかり、当時は地熱利用にこだわっていたので、ちょっとちがったかなという感想でした。


【2012年8月26日】
posted by 王子のきつね at 23:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

SE構法

いつSE構法を知ったかは、正確には憶えていませんが、おそらく今年(2012年)の1月か2月のことです。

SE構法とは、Safety Engineering 構法の略で、株式会社エヌ・シー・エヌ(NCN)が開発した構法で、

   1.全棟での構造計算
   2.木造ラーメン構造
   3.長期優良住宅
   4.最長20年間の構造性能保証

を特徴としています。

木造三階建て・長期優良住宅ならおまかせください 木造注文住宅ならSE構法で

先回りして書いてしまいますが、この構法の家を建てることに決め、昨日(8/28)、工務店と契約を結びました。

これから4回に分けてこの構法について説明したいと思います。


【2012年8月29日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

全棟での構造計算―SE構法1

SE構法の特徴は、全棟で構造計算を行い、その安全性を証明していることです。

構造計算というと、2005年に発覚した耐震偽装事件を思い出すと思います。一級建築士が構造計算書を偽造し、その結果、耐震強度に問題のあるマンションやホテルが建設されるという事態になりました。

ところで、現行の建築基準法では、木造2階建ての建物では構造計算が免除されていることをご存じでしょうか? 多くの場合、「壁量規定」といって、壁や筋交いを簡易的に数値化して、必要な壁の量を算出しています。しかし、これは、一棟一棟に対して、現実に起こる地震を考慮して計算しているわけではありません。

SE構法では、すべての建物に対して、(1)重さに耐えられるか、(2)強風に耐えられるか、(3)地震に耐えられるか、(A)部材一本、接合部一か所ごとの力をチェック、(B)地盤に適した基礎か、(C)建物が大きく変形しないか、(D)平均的にバランスがいいか、(E)上下階のバランスがいいか、ねじれに耐えるか、といった構造計算を行います。

se120829a.jpg

とくに、基礎については、本年度(2012年度)からFEM(Finite Element Method:有限要素法)解析によって、建物に伝わる力を解析し、地盤に応じたより強固な基礎設計を行っています。

se120829b.jpg

ところで、構造計算の費用は、オイラの場合、3階建てで施工面積が約132㎡(約40坪)ですが、50万円弱です。数千万円かかる家を建てるのですから、安全・安心を買う費用としては安いと思うんですが、どうでしょう。


【2012年8月30日】
posted by 王子のきつね at 01:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

木造ラーメン構造―SE構法2

柱が梁と剛接合している構造をラーメン構造と言います。鉄筋コンクリート(RC)造や鉄骨(S)造の建物がそうです。しかし、木造だとやりにくかったのですが、SE構法はそれを可能としました。

se120829d.jpg

(1)集成材

集成材とは、断面寸法の小さい木材(板材)を接着剤で再構成して作られる木質材料で、建材や家具素材として用いられます。SE構法では、柱や梁など構造材に集成材を用います。それは、下図のとおり、無垢材に対して、強度のバラツキが少なく、構造計算が可能だからです。

se120829g.jpg

(2)接合金物

木造軸組構法(在来工法)だと、ほぞ穴を空け、ほぞを通すのですが、この部分が地震のとき破壊され、家屋の倒壊につながります。SE構法では、ほぞ穴やほぞをつくらず、接合金物とドリフトピンやボルトで構造材をつないでいるので、地震に強くなります。

se120829e.jpg

さらに、今年度(2012年度)から、従来のボルトに代わり、Sボルトを用いるようになりました。そのため、乾燥・収縮によって木がやせても、ボルトが緩まなくなりました。

se120829c.jpg

基礎と柱をつなぐアンカーボルトは、木造軸組構法の約5倍の強度があります。2011年の東日本大震災の際、7.5mの津波の衝撃にも耐えた建物があったのは、そのためでしょう。

se120829h.jpg

これ以外にも、壁強度が木造軸組構法の約3.5倍あったりします。

(3)大開口

その結果、最大幅9mの大開口を実現しました。ビルトインガレージだと、車3台分のスペースを確保できます。




じつは、SE構法、建築・設計関係の人にたいへん人気があるそうです。ちなみに、オイラの担当をしている工務店の支店長さんも、現在、SE構法で自宅を建築中です。


【2012年8月30日】
posted by 王子のきつね at 02:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

長期優良住宅―SE構法3

日本の古民家は築数百年のものがあるのに、戦後の木造住宅の寿命は約30年と言われてきました。

この原因の一つは、中途半端な断熱によって、内部結露が発生し、構造材が腐ることに起因しています。

結露

しかし、それだけではありません。構造計算のところで説明したように、木造2階建ての建物では、構造計算が免除され、代わりに「壁量規定」で必要な壁の量を算出しています。しかし、建築基準法が改正されるたびに、その壁量が増え続け、結果として、家の改装が困難になってしまいました。ライフスタイルの変化に応じて、家の改装が必要になっても、それができないので、建て替えを行うしかなくなっているのです。

SE構法では、構造・基礎・外壁・屋根など家の強さ、断熱性などの基礎性能を決める部分を「スケルトン」、仕切り壁・設備・内装・仕上げなどライフスタイルを決める部分を「インフィル」としています。

se120829f.jpg

そのため、ライフスタイルに応じて、「インフィル」を自由に変えられるようになっているのです。

se120829j.jpg

SE構法は、「つくっては壊す」のではなく、「いいものを永く使う」長期優良住宅の思想にあった構法なのです。


木材は、切り倒されてから150年くらい経ったころがいちばん丈夫になるそうです。そう考えると、建てて30年で壊してしまうのだったら、もったいないと思います。


【2012年8月30日】
posted by 王子のきつね at 03:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

住宅性能保証―SE構法4

2000年に施行された住宅品質確保促進法では、住宅の基本構造部分(下図)に10年間の瑕疵担保責任が義務づけられました。SE構法ではそれ以前の1998年から独自に構造躯体に対する保証制度を構築してきたそうです。



全棟に対して「SE住宅性能保証書」を発行し、水平部材に1/20以上の傾斜、床・梁など通常荷重下での1/500以上のたわみ、柱壁の鉛直部材の1/120の傾斜という基準のもと、基礎・構造・躯体とそれを構成する金物に起因する建物の損傷を保証しています。

これは、登録工務店を通じて、住まい手の住宅を保証する制度です(下図)。引き渡しから10年間無償保証、10経過後の指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間の保証延長が可能です。



さらに、住宅の図面や施工データを全棟、保管しています。


【2012年8月30日】
posted by 王子のきつね at 04:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

SOWE Design

SE構法で家を建てる工務店の集まりである木の家プレミアムパートナーズのサイト「重量木骨の家」では、日本の自然に合わせた家づくりを行う“SOWE Design (ソーウィーデザイン)”を進めています。

1%の工務店。長期優良住宅を建てるなら重量木骨の家(SE構法)

“SOWE Design”とは、パッシブデザインとほぼ同じ意味です。

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な家造りをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。「自然エネルギー」とは、太陽の光、熱、そして風のこと。それらの力を上手に活用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。

そんなパッシブデザインの手法を取り入れて、郊外や都市部といった立地にかかわらず、家の建て方を工夫することで、快適でエコな暮らしを実現する。それが、SOWE Designです。

詳しい内容は、次のページで…。

日本の太陽と風でデザインする家。SOWE Design

…というわけで、SE構法でパッシブデザインの家を建てるってことになりました。


【2012年9月6日】
posted by 王子のきつね at 00:00| Comment(0) | つくり手選び | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。