2012年07月12日

YKK AP ショールーム品川

7/12(木)、TOTOとノーリツのショールームを見た後、妹と別れ、YKK APのショールーム品川に行った。

YKK AP ショールーム品川

品川駅中央口で降りて、港南口に向かい、スカイウェイを通って、品川インターシティのホール棟にショールームはある。

広いショールームで、受付から順に、窓ゾーン、エコリフォームゾーン、玄関周りファーサイドゾーン、コミュニケーションゾーン、デザインセレクトゾーンに分かれている。ここで見るのは、玄関ドアと窓だ。


続きを読む


posted by 王子のきつね at 23:40| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

窓台取り付け(3階)

2/8(金)早朝、見に行ったら、3階の外部建具工事がかなり進んでいた。

3階を下図のA~Hに逆時計回りに撮影した。なお、構造用合板を両面張りした壁面は、片面張りした壁面はとした。



続きを読む
posted by 王子のきつね at 22:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

窓台取り付け(2階)

2/9(土)夕方、見に行ったら、2階の外部建具工事がかなり進んでいた。

2階を下図のA~Hに逆時計回りに撮影した。なお、構造用合板を両面張りした壁面は、片面張りした壁面はとした。



続きを読む
posted by 王子のきつね at 21:30| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

外部建具取り付け(1階)

2/15(金)早朝、久しぶりに建築現場を見に行く。外部建具工事が進んでドアと窓が取り付けられていた。画像がいっぱいあるので、各階に分けて書く。

1階を下図のA~Hに逆時計回りに撮影した。なお、構造用合板を両面張りした壁面は、片面張りした壁面はとした。



続きを読む
posted by 王子のきつね at 20:30| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

外部建具搬入(2階)

つづいて、2階を下図のA~Hに逆時計回りに撮影した。構造用合板を両面張りした壁面は、片面張りした壁面はとした。


続きを読む
posted by 王子のきつね at 21:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

外部建具搬入(3階)

最後に、3階を下図のA~Hに逆時計回りに撮影した。構造用合板を両面張りした壁面は、片面張りした壁面はとした。


続きを読む
posted by 王子のきつね at 22:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

外部建具取り付け2

2/16(土)早朝、建築現場を見に行った。2階と3階も、大開口を除いて、外部建具が取り付けられていた。

2階、リビング(母親の仕事部屋)の側頂窓(内倒し窓)。



階段のたてすべり出し窓。



続きを読む
posted by 王子のきつね at 14:40| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

外部建具取り付け3

2/21(木)早朝、大開口の外部建具にガラスが入っていた。


2階リビング(じつは母親の仕事部屋)バルコニーの掃き出し窓(引違い窓)


3階洋室B(南側)バルコニーのはめ殺し(FIX)&テラス窓


3階洋室A(北側)腰窓のたてすべり出し×2+はめ殺し窓

posted by 王子のきつね at 20:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

カーテン・レールとたて型ブラインドの採寸

9/6(金)、タチカワの営業が採寸のため訪問した。男女2人だったが、女性は、色が白くて、鼻筋が通った、美人だった。w

採寸は、その場で窓の図を描き、寸法を測って記入していた。窓の幅と高さ、さらに奥行きまで測っていった。

この数値は、松装(株)に報告され、正式の見積書を作成し、9日(月)にメールで送られてきた。


カーテン・メーカーは、カーテン・レールを、窓枠の上から10~15cm離して、左右に10~20cm余分に取り付けることを推奨している。



カーテンレールの取り付け方法(松装)

問題は、そこに下地が入っているかどうかだ。高砂建設は、窓枠の上と左右に約15cmの下地を入れておいてくれた。





2階リビングの掃き出し窓のカーテン・レール
(窓枠内側から10cmの高さに取り付け)


3階南側洋室のフィックス窓+リビング・ドア
(エアコンがあるので、窓枠内側から5.5cmの高さ)


もっとも、工事業者は、下地がなくても、間柱を見つけて、取り付けてくれるようだが…。


【2013年9月19日】
posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

カーテン・レール&たて型ブラインドの取り付け

9/18(水)、松装(株)にカーテンレールとたて型ブラインドを取り付けてもらった。

カーテン・レールはTOSOのネクスティで、色はプレーンホワイト、ダブルセット(2本レール)にMキャップ(レール・エンドに付ける金物)を付けた。取り付けた場所は、1階寝室の腰窓(すべり出し)、2階リビングの掃き出し窓(引違い)、3階南側の洋室のフィックス窓+テラスドアの3か所。


1階寝室の腰窓のカーテン・レール


拡大

続きを読む
posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

超高性能国産樹脂サッシ

YKK APが超高性能国産樹脂サッシ・APW430を発売する。

高性能トリプルガラス樹脂窓「APW430」発売 ~世界トップクラスの断熱性能をもった樹脂窓を日本全国に展開します。~

松尾和也さんのブログ記事によると、

肝心の性能ですが 、東西北面で使う遮熱タイプは室内、室外側ガラス2枚の内側にLow-E膜をもち16mm空気層にアルゴンガス封入、樹脂スペーサー装備)とマルチチャンバーの専用樹脂フレームを組み合わせることで、熱貫流率0.91W/(㎡・K)日射熱取得率は0.46としています。南面で使う日射取得タイプは室内側ガラスの内側のみにLow-E膜とし、熱貫流率1.17W/(㎡・K)日射熱取得率0.56となっており、このふたつの商品わけも非常に合理的です。

窓改革元年の幕開けです!!

とのこと。

熱貫流率(U値)0.91W/(㎡・K)というと、わが家のアルミ樹脂複合サッシ(エピソードS)が2.33W/(㎡・K)未満なので、2倍以上高性能なんだよね。家を建ててしまった後で、このようなものが発売されると、少々凹みますね。でも、準防火地域なので、どうせ使えないんだけど…。
posted by 王子のきつね at 22:39| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

ハニカム構造・断熱ブラインド

さて、長かった冬も終わり、いよいよ春だが、いまさらながら、ハニカム構造・断熱ブラインドを取り付けることにした。←遅い!w

冬に窓から逃げる熱は全体の5割ほど、夏に窓から入ってくる熱は全体の7割にも達するという。暖冷房によるエネルギー消費量を減らすには、なんらかの対応が必要だ。

ハニカム構造・断熱ブラインドは棟晶株式会社の製品で、正しくはハニカム・スクリーンという。ハニカム・スクリーンは、下図のように、不織布や紙を蜂の巣状(ハニカム)にしてつなぎ、空気層で断熱するスクリーンである。空気層が、1層、2層、3層になっていて、多い方が断熱性能にすぐれる。


1層              2層              3層


ハンターダグラスのデュエットシェード、ニチベイのレフィーナ、TOSOのエコシア、セイキのハニカムサーモスクリーンなどが製品化されていて、こちらのブログ記事によると、ハンターダグラスの製品がよいらしい。

高層階にはデュエットシェードアーキテラがおすすめ

2つのハニカムが入れ子状になっていて、空気層が3層になるので、断熱性能が高い。しかし、高価である。

そこで、探したら、松尾和也さんの記事で、ハニカム構造・断熱ブラインドが紹介されていた。

格安のハニカム構造ブラインドの性能が超凄いです!

この記事ではどこの製品なのか書かれていないが、性能表示からして、棟晶株式会社のハニカム構造・断熱ブラインドであると判断した。

断熱ブラインド専門店 -ハニカム構造・断熱ブラインド 通販ショップ

設置が必要なのは、開口部の大きい、2階のリビング(掃き出し窓)とダイニング(腰窓)と、3階の南側洋室(掃き出し窓)と北側洋室(腰窓)だ。開口部が大きいの熱の流入・損失も大きい。ところが、幅は216mm~2400mm、高さは254mm~2400mmなので、3階北側洋室の窓だと幅が足りない。そこで、問い合わせしてみた。すぐに回答があって、通販でないなら可能とのこと。さっそく見積りをしてもらった。

ちなみに、採光タイプと遮光タイプがある。採光タイプは、幅25mmのシングル(1層)、38mmのシングル、45mmのシングルとダブル(2層)がある。遮光タイプは、幅25mmのシングルと45mmのシングルのみである。このうち、採光タイプ45mmのダブル(色はバーチ)にすることとした。

その際、窓枠の幅と高さを知らせるのだが、幅は上中下をそれぞれ計るのだそうだ。

2階 リビング(南側):幅上2334・中2334・下2334/高1805
   ダイニング(北側):幅上1652・中1652・下1652/高950
3階 洋室(南側):幅上1941・中1941・下1940/高1805
   洋室(北側):幅上2564・中2564・下2566/高1304

その後、忙しくなったので、話が中断していたが、消費税率アップの前に注文した。代金支払いから3週間で製品が届くそうなので、設置は4月末になりそう。
posted by 王子のきつね at 13:59| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

ハニカム構造・断熱ブラインドを3階に設置

昨日(4/28)届いたハニカム構造・断熱ブラインドを3階に設置した。2階には今後設置する予定だ。

ハニカム構造・断熱ブラインドについては下の記事を読んで欲しい。

ハニカム構造・断熱ブラインド

取り付け工事は自分でした。付属の部品をつかって取り付けるが、別途、工具として、メジャー、両面テープ、えんぴつ、電動ドリル(ドライバー)が必要。設置マニュアルどおりに取り付ければ、誰でもできる。…と言いたいが、ビスがなかなか入らず、苦労した。あと、窓の幅が広いと、一人では取り付けられないので、妹に手伝ってもらった。


3階南側洋室の窓


3階北側洋室の窓


二重のハニカム構造


ループコードで上げ下げ


正直、今はまったく必要としない季節。でも、7月になれば、冷房をしなければならず、そのときの活躍を期待したい。ちなみに、窓からの熱の流入・流出率は、夏の方が、冬よりも大きいそうだ。w
posted by 王子のきつね at 16:51| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

ハニカム構造・断熱ブラインドを2階に設置(1)

昨日(4/29)、3階に設置したハニカム構造・断熱ブラインドを2階北側のダイニング・キッチンの窓に設置した。

ハニカム構造・断熱ブラインドについては下の記事を。

ハニカム構造・断熱ブラインド

取り付け方法は前回と同じだが、慣れてきたのと幅が狭かったので、一人で設置できた。




この窓にはたて型ブラインドが取り付けてあった。結果、たて型ブラインドが外側で、ハニカム構造・断熱ブラインドが内側となった。ちなみに、3階北側洋室の窓では、たて型が内側、ハニカム構造が外側になっている。

2階南側の母親の仕事コーナー(リビング)の窓にはまだ取り付けていない。
posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

ハニカム構造・断熱ブラインドを2階に設置(2)

ハニカム構造・断熱ブラインドを2階南側の母親の仕事コーナー(リビング)の窓に設置した。

ハニカム構造・断熱ブラインドについては下の記事を。

ハニカム構造・断熱ブラインド

今まで手こずってきた原因を考えたら、下穴用のドリルがあると便利だと気づき、買ってきた。



あっという間に取り付けてしまった。もっと早く買えばよかった、と後悔した。w

昭和の足こぎミシンが写っているなあ。(爆)
posted by 王子のきつね at 19:00| Comment(0) | 建具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。